マグネティック・ライティング

マグネティック・ライティング〜伝わる文章を書いてあなたのビジネスに人が集まる方法!〜

コピーライティングを身につけて人に伝わる文章を書き、収入につなげたい人は他にいませんか?コピーライティング+ダイレクトレスポンスマーケティングの使い方を知らないと、あなたのビジネスは一向に稼げません。 あなたの商品を販売する上で最強の集客とセールス方法を基礎から無料でお伝えします。

寄り道しても、回り道しても、ふり返れば一本の成功は自分の内側にあり

こんにちは
Yoshiです。
 
最近は、健康面を考えて
家でお酒を飲む機会を減らしています。
 
家で飲むことを減らした結果、
朝起きるのが楽になりました。
 
私は朝が苦手なのですが、起きるのがだいぶ楽になりました。
もしあなたもお酒を飲む機会が多かったりして、しかも朝起きるのが苦手なら、1週間酒断ちをしてみるのも良いかもしれません。
 
さて、今日の話は、私にとって
本当に大きな気づきを得た話です。
 
あなたは、成功は掴み取るものだと考えていますか?
もしそうなのであれば、最後まで読んでください。
 
逆に、成功したくないというのであれば、今すぐこのページを閉じることをオススメします。
 
 

成功は掴み取るもの!?

 
あなたにとって成功というと
どんなイメージがありますか?
 
成功は手にするものだ
成功は追いかけるものだ
成功は掴み取るものだ
 
 
など、
追いかけて、頑張ってゲットするというイメージ
ではないでしょうか?
 
 

f:id:yoshi_shimizu:20180224002231j:plain

 
 
早い者勝ちでバシッとゲットする
そんなイメージが強いと思います。
 
自分の外側にある感じですよね。
 
 
ですが、
あなたの成功は内側にある
 
としたら、どうでしょうか?
 

本当の成功は内側にあった

 
成功は外側ではなく、内側にあるんです。
 
内側からこぼれ落ちるような、出現するようなイメージ。
 
 

f:id:yoshi_shimizu:20180224002336j:plain

 
これが成功の正体なのです。
 
一度手にしたら、
 
「はい、自分は成功者!」
 
 という感覚がありますが、
実は、それは間違いです。
 

成功は赤ちゃんと一緒

 
例えるなら、
成功は赤ちゃんと一緒です。
 

f:id:yoshi_shimizu:20180224002356j:plain

 
赤ちゃんを産むなら、
 
まずは、パートナーを見つける
そして、人間関係をよくしていき、
 
9ヶ月、10ヶ月と時間をかけて
色々なことを準備して、生まれる環境ができあがります。
 
そして赤ちゃんが産まれる=成功
 
 
ですが、赤ちゃんが産まれても、
 何もしなければ死んでしまいます。
 
育てていかなければいけないのです。
 
放置していたら死んでしまう
成功も同じで、ゲットして終わりではないんです。
 
ミルクをあげて、おむつを交換して、
抱っこして・・・
という成功体験を繰り返していくことが大切です。
 
 

満足している人ほど凋落している

成功は、たどり着くもの!
たどり着いたら、もう安泰だ!
いかに早くたどり着くか!
 
このように、たどり着いて終わりのイメージですが、
そこで満足している人たちは、みんなその後没落しています。
 

f:id:yoshi_shimizu:20180224002534j:plain

 

小さな成功を毎日一生懸命に育てる

 
成功は、一つ一つが小さな出現です。
 
例えば、ある商品を販売していて、なかなか売れない。
もうダメだ・・・というときにポツリと1つ、商品が売れたりして、小さな成功が出現したりします。
 
そこで、よしここからだ!
と思って、ミルクをあげていくうちに、2個3個売れるように・・・
 
小さな成功を育てていったからこそ、少しずつ、
でも確実にものが売れるようになっていく。
 
このような内側から生まれる成功は、
出会いやご縁という形で現れることもあります。
 

f:id:yoshi_shimizu:20180224002625j:plain

 
一度生まれた成功は赤ちゃんと一緒ですから、
付き合っていくなかで、喧嘩もするし楽しいときもあります。
 
立派な大人に成長するまで育てる=本当の意味での成功ですから、
その過程も楽しみながら、歩んでいきたいものです。
 

まとめ

f:id:yoshi_shimizu:20180224001957j:plain

あなたがもし、成功を追いかけていたとしたら、
それはもしかすると一生追いかけても手に入らないものだったかもしれません。
 
ですが、成功は自分の内側からポロンっと産まれることが分かった今、
あなたは自分の思い描く成功を手にするスタートラインに立ったと言えるかもしれません。
 
小さな成功を、大切に育てていきましょう。